今(2022年)からみてみると2010年代ってSNS全盛期だったのかも

 こんにちは。さつき台動物病院の院長多田です。コミュニケーションツールの変遷をみていて、1990年以前の家電話、1990年代はポケベル→PHS、2000年代は携帯電話。PメールとかアステルとかJフォンとか正確に名前を思い出すのも大変な昔の出来事になってしまいました。新宿はJフォンの電波が弱いとか、ドコモの携帯でも混線して他の人の会話がちょっと混じってたのを考えると、技術の進歩はすごいし、それにも関わらず携帯料金が安くなってることに驚きを隠せません。きっと変わらなく見えるポテトチップスも実はすごく進歩しているのだと思います(値上げしてるけど)。

 

 さて、ツイッターが名目世界一のお金持ちイーロン・マスクに6兆円超で買収されましたが、イーロン・マスクの資産が27兆円でそのポケットマネーで買ったのかとも思いましたが、色々持ってる資産が27兆円相当の価値ってだけで、実際現金で6兆円も当然持ってないであろう。6兆円ってどうやって調達するのだろうと調べたら、新株発行やテスラ株を担保に融資を受けたりして調達しているそうです。「テスラ株を担保に融資」って正気の沙汰とは思えないですが、そんな事を考えてしまう私はアメリカンドリームとは縁遠い男なのでしょう。それもそうです、私の祖先は安全な土地を目指して東へ東へと移動していたら、地震台風火山暑熱山地急流洪水の島に取り残されたかわいそうな人なのです。石橋を叩いて渡ったらその先は地獄でした。今は平和でいい国ですよご先祖様、あと食べ物が美味い。

 

 さてさて、ツイッターの大量解雇やフェイスブックの人員整理などをみていると、SNS業界も成熟期から衰退期に入ってるのかな〜と思いました。そう考えると2010年代はまさにSNS時代でしたね。今は手書きの手紙をもらうとなんだかすごく手間のかかったものを「頂いた」気持ちになるのもSNS時代だからのような気がします。

 

 フェイスブックは2020年代以降をメタバースの時代にしたいようですが、メタバースってすでに90年代にネットゲームができた時点で同様のものがあったような気がします。にも関わらず流行りそうな雰囲気すらないのは、↓のデス・ストランディングというゲームのホログラム並にリアルな画像が自宅の部屋に立体投影されるぐらいの技術が無いと難しいのではないかなぁと思います。

続きを読む

円安とプレステと私

 こんにちは。さつき台動物病院の院長 多田です。日本が7兆円も使って円高に誘導しても、たかだか5円程度しか円高にならないのをみて、アメリカの金利が0.xx%上がっただけで50円円安になってしまうのだから、日々世界で動かされているお金の額がとんでもない額なのだなと思います。お金なんて本来は物質として存在しない、人間が作り出した概念なのに「人間の労働をわかりやすく数値化したもの」とか言われると納得してしまいそうですが、労働を時給で判断していることからすると、労働というより「個人の持つ寿命を他人に分け与える際の対価」を貯蓄できる形にしているのでしょうね。「Time is money.」とはまさしくこの事か。

 

 さて、日本の為替介入ですが、経済を専門としていない方々が「7兆円も円を使った」といった発言をして、経済に明るい聡明な方々から「違うよ円高にするんだから、日本が持ってた外貨(多分ドル)を7兆円分売ったんだよ。むしろ7兆円受け取ったんだよ」という指摘を所々で見かけました。こういった「7兆円使って円高にした」と聞くと「7兆円損した」的な安易な勘違い、私も診療をしていてこういった単純で基本的な物事が時々わからなくなることがあるので、その気持はわかります。まぁ、変だなと思ったら必ず調べるんですけどね。学生時代に言われた「辞書を引きなさい」ってことはまさしくこういう事なんだなと、こんなオッサンになってからしみじみと感じるんだから、辞書、、、いやすべての本の表紙にこの段落の文章を書いておいてよ、、、と思いました。

(南斗五車星の火はヒューイで良かったんだっけか、、、調べよう)

 

 さて、7兆円分のドルを使った後に、いったい日本には何兆円のドルが残っているのか気になりましたので調べてみると、日本国の資産が630兆円のところ、1兆2000億ドルも外貨を持っているようです(調べました)。4分の1も外貨なんですね。

 

 ところで、日本は資源が採れない国なのですが、資源から製品を作る技術を持ち合わせていましたので、資源を買って製品を作る、作った製品は国内で使い海外にも売る、儲けた分で設備を増強しさらに資源を買うという事をして来ました(第1弾が富岡シルク)。これって、資源を買う段階では円高を有利で、製品を海外に売る段階では円安が有利なのは有名ですが、やっぱり原価率と売上高ならどっちが大切かというとやっぱり売上なので円安になった方が嬉しいと思います。実際にこの文章を書いているオッサンが産まれる以前の太古に昔には1ドルが300円を超えるスーパーフィーバー状態にあって、お客さんである海外の都合が悪くなって今の変動性になったという歴史をみても円安は日本に有利であるのでしょう。ただ、iPadが急に欲しくなった人からすると今の円安は悩ましく誰かに文句を言いたくなると思いますが、文句はアメリカにいうより国産iPadを作れない日本企業にいうべきではないのでしょうか。

 

 円安になって考えてみると、今まで円高→iPhoneが日本でお得→みんなiPhone買う→日本企業がスマホ作らなくなる の構図が成り立っていて、この30年がもう少し円安であったならば、iPhone高いから買わない→使いやすい携帯電話使いたいよ→もともと戦後に必要なものは全部自分で作ったんよ(a)→ソニー「すごいの作りました」→みんな「わーい」→ソニー「海外でも売ります」→世界のみんな「ちょっと高いけど、すごく使いやすい」→ソニー「わーい、めっちゃ儲かったのででっかいスマホつくろう」「音楽サブスクにしよう」→ソニー「タブレットにプレステ合体させました」→任天堂「なんか開発中のswichってやつよりすごいのソニーが作ってる、、、。」的な流れになったのではないかと思います。そして任天堂はゲーム機から撤退し、質の高いソフト開発のみに集中することになるのでした。ゲーム機よりソフトの方が儲かりますからね。特に任天堂のソフトは特にコストかかってなさそうですし。

 

 やはり為替変動制による円高は日本に不利に働いてると思うのですが、本当に足りないのは上記(a)の気概なのかもしれません。そりゃあ、負けが確定した状況でもボロボロの飛行機に爆弾積んで相手の船に突っ込んでった人達の生き残りといまの日本人じゃ全く別の人種ですからね。トヨタとユニクロは好調ですが、あの2社だけは実は100歳を超えた戦争の生き残りがバリバリ現役で働いているのではないかと疑ってしまいます。

 

 円安とプレステと私 愛するソニーのため

 毎日ゲームに熱中したいから 時々新しいプレステ発売してね

 愛するプレステのため 円安はチャンスだからものづくりして

 

 ちなみに、南斗五車星の火はシュレンでした。

90年代にはステップワゴンでしか買えない新しいわくわくがあった。

 こんにちは。さつき台動物病院の院長多田です。新型ステップワゴン、町中でちらほら見かけるようになりましたね。初代を思わせる四角いデザインが逆に新しいですね。

 

 1990年代初頭、オデッセイでの成功から「日本人はスポーツカーではなく、室内が広く、燃費の良い車をを欲しがっている」という事を感じ取ったホンダはステップワゴンなる車を発売します。2005年頃、私の友人が突如中古ステップワゴンを100万円で手に入れ、私とともに3泊4日の車中泊旅行へと旅立ったのでした。この旅行、未だに私の中の旅行ベスト5に入る楽しさであり、特にどこに行ったのが良かったというよりは、夜寝る河原を探し、橋の下で焚き火をし、肉を焼き、車で寝る、ただこれだけがとてつもなく楽しく、ステップワゴンという車の出来がどうこうよりも、1990年代にはステップワゴンでしかできないわくわく体験がそこにはあったのです。

 

 そのステップワゴンが販売不振にあえいでいます。先代ステップワゴンではわくわくゲートなる、荷室ドアが2方向に開いて便利な機構が備えられ、発売された時に「ミニバンの欠点である荷室ドアデカすぎる問題が解決された!しかも1500ccのターボ車でライバル車よりも税金が安い!この車は必ず売れる!」と私は確信しました。しかし、実際は販売不振でした。販売不振の戦犯はわくわくゲートによる左右非対称のデザインとされていますが、私は違うと思います。

 

 ステップワゴンに冬の時代が到来したポイントはわくわくゲートではなく、トヨタに負けたからだと思っています。わくわくゲートはすばらいアイデアです。ミニバンにはトヨタ、ノア・ヴォクシー・エスクァイア、日産セレナ、ホンダステップワゴンと3車種ありますが、ステップワゴンの一人負けが続いています。トヨタ3兄弟が素晴らしいということも無く(自動ブレーキや運転支援システムはトヨタが一番遅れていた)ため、理由が謎だったのですが、おそらくトヨタを買う層が本当に欲しいのはトヨタ・アルファードであろうと思います。かつて「いつかはクラウン」と言われクラウンに乗りたいけどマークⅡを買うこの現象が、アルファードでも起きているのであろうと思います。私はこれを「いつかはアルファード」現象と名付けました。クラウンの下にマークⅡ、クレスタ、チェイサー三兄弟がいたように、アルファードの下にはノア・ヴォクシー・エスクァイア三兄弟がいました。しかもアルファードには兄弟のヴェルファイアがいます。わくわくステップワゴンはアルファードによって販売不振におとしめられたのです。日本の社長、政治家、成功を手にしたおじさん(お姉様方はなぜかスポーツカーオープンカー外車が好き)が乗るはずであった成功証明書のクラウンの息の根を止めたアルヴェル兄弟であればステップワゴンを販売不振にすることなど容易いことのはずです。

 

 世の成功者と呼ばれるおじさんも社長も政治家も、みんなクラウンではできなかったアルファードでワイワイ車中泊を楽しんでいるようですが、さすがに河川敷に黒塗りのアルファードを停めて焚き火で何か焼いていたら漂ってくるのは焼き肉の匂いではなく、犯罪の匂いです。90年代にステップワゴンはわくわくを買える唯一の選択肢でした。私のような世のおじさんはみんなアルファードに憧れ、大人になってアルファードを買うことで成功を自覚し、大人のわくわくを感じたいと思っている(と思う)のですが、本当は昔のようにわくわくしたいのです。しかし、本当のわくわくはステップワゴンでしか得られないのです。軽バンでソロキャンプなんかしている場合じゃないのです。学生時代の友達と、家族とステップワゴンでわくわくして、わくわくさせてあげないといけないのです。ステップワゴンって、新型ではわくわくを全面に押し出して、キャンピングカーとミニバンの中間みたいなコンセプトにすれば、ソロキャンプブームに乗れたのになぁと思う今日このごろです。

 

 そして、新型クラウン、あのデザインと4WDで果たしてマトモな覆面パトカーになれるのでしょうか?

歳をとって失ったもの

 こんにちは。さつき台動物病院の多田です。実は1月に40歳になりました。30歳からの10年、早かったですね。国家試験に受かって獣医師になった時に20代だったなんて信じられない気持ちです。

 

 本ブログは「歳をとって失ったもの」と題されていますが、別に「奥歯が抜けました」とかそういった報告をしたいのではなく、ただ単にプレステ5の抽選に当たり、来週あたり私のもとにプレステ5が届くことを自慢するために書いたものなのです。

 

 私の人生を語るにおいて、プレステことプレイステーションを避けることは不可能であると断言しても良いほど、私はプレステに命を救われてきました。

 

 時は1994年、多田家の一大関心事であり、小学6年生にはあまりに酷であり、その後の人格形成に大きく影響を及ぼした中学受験が、なぜか奇跡的に成功し第一志望に合格した私は、その学校の面接で「合格したら何がしたいですか?」との問に「もう勉強はしたくありません、遊びたいです。」と素直に答えてしまうほどもう一生勉強なんかするもんか!と硬い意思を持っていたのでした。面接で「勉強しない」ことを宣言し、学校は私の入学を認めてくれたため、当然の権利として勉強はせずに遊びに邁進(その当時はゲーム)するのでした。当時はスーパーファミコンの次世代のゲーム機 3DO、PC-FX、プレステ、セガサターンの4強時代が到来しそうな雰囲気があり(あとappleの黒歴史ピピン@ってのもありましたね)、私はなぜか「一番高いやつが一番良い」精神で最も高額な3DOを合格の対価として親に要求したのでした。3DOは4強でいうとアンディ・マリー、、、、、、、、ですらなく、単なるクソゲー専用機であることをわずか数週間で見抜き、現在に至るまでも実家で埃をかぶっております。次世代戦争に負け呆然とする私を尻目に、忘れもしない1994年12月3日家電メーカーのソニーがプレイステーションというゲーム機を発売したのでした。プレステとの初コンタクトは翌年の4月、友達の家で行われました。読み込み面が黒いCDに一発で魅了され、その日からプレステを手に入れることだけに頭を専有され、気がついたら家にプレステがありました。あの無機質なダンボール箱に入ったグレーの本体を私は一生忘れることは無いと思います。そして、プレステ中毒者となった私は、野球部に別れを告げ中毒生活にどっぷり浸かることとなるのでした。あの時、野球に別れを告げていなければ、あの石の如く硬い硬球が頭にぶつかり、吾郎くんのお父さんのようにこの世に別れを告げていたに違いありません。まさしくプレステに命を救われました。

 

 プレステ中毒者となった私も高校3年生となり、プレステの片手間に受験勉強をするも国立獣医学部に合格することはできず(私立は学費が高いからだめよ。と言われていた)、ソニーに入り自らの手でプレステ5を開発するために東京理科大学工学部電気工学科へと進学したのでした。そして平成12年3月4日プレステ2が発売されます。なんと4万円でDVDも観られます。プレステ2とのファーストコンタクトは家庭教師先の生徒がファイナルファンタジー10をやっているのをみて突然欲しくなり、バイトしまくりでウハウハだった私はプレステ2お買い上げ帰宅を果たしたのでした。プレステ2を手に入れた私は突然強運に恵まれ、1年後に超ド田舎国立獣医学部になぜか合格し、プレステ5を開発する夢を絶たれ、獣医師になるために理科大を中退しました。超ド田舎の大学は娯楽が少ないため、部活の後は先輩と朝までプレステ2という生活を送りますが、我が家にプレステ2が無ければ間違いなく孤独死していたに違いありません。ここでもプレステ2に命を救われたのでした。

 

 いつだか忘れましたが、大学在学中にプレステ3が発売されます。当時プレステ3は税抜65000円という超高額であり、同じ学校にプレステ3を持っている人は私の周りにいませんでしたが、夜間(17時〜20時)にスーツをビシッと着て働く高時給のバイトをしてウハウハだった私は、迷いもなくコッソリとプレステ3を購入します。この後、中学受験を超えるスーパープレッシャーとの闘い(獣医師国家試験。とはいっても2ヶ月位しか勉強しない)を迎えるわけですが、この時は1日24-8=16時間位ずーーーーーーーーっと勉強していたので、プレステ3は触ってすらおりません。ただ、途中でストレスが限界を迎えアルミニウム筐体となったMacbook(確か18万位)をポチった記憶がります。Macbookは勉強中に音楽を聞くために使っていましたが、今考えたらipodで充分でした。勉強中はX Japanの「Art of Life」という29分位ある曲をずっとリピートで聞いていたのですが、今確認すると再生回数がとんでもない回数になっていて、回数を見るたびに「もう勉強はしたくない」という初心にかえることができます。

 

 ちなみに、いまだに年2回位は国家試験勉強時代の夢をみて、朝起きて「今日も仕事だ。試験は終わったんだった。」と確認してホッとすることがあります。軽いPTSDです。寝汗びっしょりです。

 

 プレステ3は「高かったのに、買っちゃたな」位の思い出です。ちなみに同じ流れでプレミア価格のついていたWiiも買っちゃいました。あの時が裕福でした。

 

 プレステ4は本体のファンの音がうるさいとのことで、買いませんでした。仕事で忙しいのもありますね。調べたら発売は2013年11月15日だそうです。その頃は、娘が産まれてゲームどころじゃないですね。プレステよりもRoombaと乾燥機付き洗濯機に命を救われてます。

 

 偶然にもつい先日、PTSDの原因の1つであるプレステ3に別れを告げたところ、自分で開発する予定であったプレステ5を4万円で買わされる権利をゲットし、購入することになりました。突然ですが、私の連続徹夜記録は43時間です。これは中学3年生の1月31日にファイナルファンタジー7がプレステで発売されたのですが、学校が2月3日まで試験で休みだったため、1月31日 〜2月2日まで寝ずにプレイしクリアするも、眠すぎてストーリーを全く覚えておらず、2月4日に登校した時点でクリアしたのは私だけなのでしたが、詳細を聞かれても答えられず信じてもらえなかったという際の記録です。そのため、プレステ5ではファイファン7のリメイクでもやってみようと思っていますが、とても徹夜なんてできなそうです。

 

 歳をとって失ったもの=ゲームに対する熱い情熱

 

 でも、抽選に応募しようとする姿勢や当選メールをみてすぐに購入してしまう事から、自分の奥底にはプレステに対する熱い情熱が残っている事を確認したのでした。そして、ブログを書きながら徐々にプレステ5の到着が待ち遠しくなるのでした。

首都高速環状線経由で羽田に行き、冬の北海道に行くのはとても危険

 こんにちは。さつき台動物病院の院長 多田です。私の愛してやまない北海道を舞台としたアイヌグルメ漫画であるゴールデンカムイが完結いたしました。

 

 ゴールデンカムイですが、完結後に映画化が決定しているということで、そのキャスティングを予想しているのですが、どう考えても主人公は大泉洋でその他キャスティングはTEAM NACSのメンバーとなることは自明の理であります。ネット記事によると錦鯉長谷川も濃厚であるそうです。アシリパ役は安倍なつみが適任と思います。

 

 さて、主人公一行は冬の北海道で元気に行動しておりましたが、実際はあんな事は不可能です。死にます。冬の北海道をナメたらいかん(冬は10月〜4月)。夏も危険はいっぱい。何なら1年中危険はいっぱい。そりゃそうです、開発されてないんですもの。開発されていなければ、きっと渋谷でも遭難できます。以下は私が北海道で命を落としかけた出来事のごく一部です。

 

・深夜の襟裳岬に車で行って、突然ライトを照らしても道路が見えなくなった(上り坂から下り坂に切り替わる地点でこの現象が起こる)ので、違和感を感じ車を降りて確認したら、崖っぷちだった(埠頭で落ちる車はおそらくこのパターン)。

・部活のみんなで氷上ワカサギ釣りに普段着で行ったら、全員で遭難しかける。

・周囲に車がいないため速度感覚が失われがち、アイスバーンの高速道路で気がついたら130km/hが出していた。

・雌阿寒岳&阿寒富士単独登山、体力はあるもスタート時間が遅れ、山頂から見える景色には人間の存在が確認できなくなる(大自然の山頂で一人ぼっち)。ボーイスカウト団の声が聞こえましたが、遭難した時に幻聴が聞こえることがよくあるそうなので、無視してなんとか下山。

・雪が積もるまでバイクは乗れるが、11月の路面温度が低すぎてエンジンブレーキで後輪ロック→単独事故

・11月に車中泊で寝ていたら低体温症になりかける。このまま死ぬか、寝袋から出てエンジンをかけるかしばらく悩む。低体温症で徐々に思考力が無くなっていくのを感じる。

 

 まとめると、山、釣り、バイクが危険である事は自明で、幼少期より父親から「登山とバイクだけはしちゃイカン」と言われていましたが、父が言っていた唯一の正しい事だと今あらためて感じます(父は思い込みが激しく、テキトウな事を言うことが多い)。ただその難関を超えた先でしか見られない景色があります。冷静な判断、入念な準備、十分な経験、丈夫な体、これらを持ってすれば自然は克服可能で、それら四要素が自らに備わっているかどうかを確認するために、自然に立ち向かうと言っても過言ではないでしょう。

 首都圏で似た経験といえば、首都高環状線(C1)への合流がちょうど似ています。C1合流毎回ドキドキしますね。特に加速しない車だと、お祈り合流必至です。よほどの事がない限りC2や外環・果ては圏央道の使用をおすすめいたします。

 

 記憶の紐を解きほぐすと、北海道に住む前に土砂降りの首都高で車をスピンさせて壁に突き刺さって、死んでたかもしれない出来事を経験しているのを思い出しました。首都高もまた、己の実力を試すための命がけの冒険なのかもしれません。