首都高速環状線経由で羽田に行き、冬の北海道に行くのはとても危険

 こんにちは。さつき台動物病院の院長 多田です。私の愛してやまない北海道を舞台としたアイヌグルメ漫画であるゴールデンカムイが完結いたしました。

 

 ゴールデンカムイですが、完結後に映画化が決定しているということで、そのキャスティングを予想しているのですが、どう考えても主人公は大泉洋でその他キャスティングはTEAM NACSのメンバーとなることは自明の理であります。ネット記事によると錦鯉長谷川も濃厚であるそうです。アシリパ役は安倍なつみが適任と思います。

 

 さて、主人公一行は冬の北海道で元気に行動しておりましたが、実際はあんな事は不可能です。死にます。冬の北海道をナメたらいかん(冬は10月〜4月)。夏も危険はいっぱい。何なら1年中危険はいっぱい。そりゃそうです、開発されてないんですもの。開発されていなければ、きっと渋谷でも遭難できます。以下は私が北海道で命を落としかけた出来事のごく一部です。

 

・深夜の襟裳岬に車で行って、突然ライトを照らしても道路が見えなくなった(上り坂から下り坂に切り替わる地点でこの現象が起こる)ので、違和感を感じ車を降りて確認したら、崖っぷちだった(埠頭で落ちる車はおそらくこのパターン)。

・部活のみんなで氷上ワカサギ釣りに普段着で行ったら、全員で遭難しかける。

・周囲に車がいないため速度感覚が失われがち、アイスバーンの高速道路で気がついたら130km/hが出していた。

・雌阿寒岳&阿寒富士単独登山、体力はあるもスタート時間が遅れ、山頂から見える景色には人間の存在が確認できなくなる(大自然の山頂で一人ぼっち)。ボーイスカウト団の声が聞こえましたが、遭難した時に幻聴が聞こえることがよくあるそうなので、無視してなんとか下山。

・雪が積もるまでバイクは乗れるが、11月の路面温度が低すぎてエンジンブレーキで後輪ロック→単独事故

・11月に車中泊で寝ていたら低体温症になりかける。このまま死ぬか、寝袋から出てエンジンをかけるかしばらく悩む。低体温症で徐々に思考力が無くなっていくのを感じる。

 

 まとめると、山、釣り、バイクが危険である事は自明で、幼少期より父親から「登山とバイクだけはしちゃイカン」と言われていましたが、父が言っていた唯一の正しい事だと今あらためて感じます(父は思い込みが激しく、テキトウな事を言うことが多い)。ただその難関を超えた先でしか見られない景色があります。冷静な判断、入念な準備、十分な経験、丈夫な体、これらを持ってすれば自然は克服可能で、それら四要素が自らに備わっているかどうかを確認するために、自然に立ち向かうと言っても過言ではないでしょう。

 首都圏で似た経験といえば、首都高環状線(C1)への合流がちょうど似ています。C1合流毎回ドキドキしますね。特に加速しない車だと、お祈り合流必至です。よほどの事がない限りC2や外環・果ては圏央道の使用をおすすめいたします。

 

 記憶の紐を解きほぐすと、北海道に住む前に土砂降りの首都高で車をスピンさせて壁に突き刺さって、死んでたかもしれない出来事を経験しているのを思い出しました。首都高もまた、己の実力を試すための命がけの冒険なのかもしれません。

 

R-1グランプリ2022の感想

 こんにちは。ヨーグルトメーカーで絶賛R-1を密造中のさつき台動物病院 多田です。R-1の密造においては、牛乳に砂糖を入れ乳酸菌の餌となる乳糖以外にも糖分を入れておくことがコツなようです。これはフランスパンと食パンのレシピの違いと同様で、フランスパンには砂糖は入らず食パンには入っています。食パンにはパン酵母の餌となる糖分が多く添加されているため、フランスパンよりも食パンの方がドライイーストが少なくても発酵がうまくいくのだそうです。フランスパンは栄養の少ない状態でうまく発酵させる必要があるので、実は難易度が高いパンなのですがホームベーカリーだと簡単にできますね。

 

 さて、本日の話題はピン芸人日本一を決めるR-1です。昨年のM-1を見ていても思ったのですが良いネタと悪いネタの違いでひとつ気がついた点がありました。それは「面白さを感じるために、予備知識をどの程度必要とするか」ということです。ネタを作る際に、ネタ作成者の持つ知識から面白いことを考えるのですが、その結果として笑ってもらうためには、客に同等の知識を要求してしまうことになるという問題点に気が付きました。例えばモグライダーのネタは「蠍座の女と美川憲一」でしたが、美川憲一も蠍座の女もさらにはコロッケが美川憲一のモノマネによって「誇張モノマネ」というお笑いの新ジャンルを開拓したという歴史を知らない人にとってはイマイチ面白みを感じられないネタとなってしまうのです。錦鯉の1本目も「50歳のおっさんが若者と合コンに行く」というネタでしたが、「ジャンプの主人公」「紙芝居の水飴」「50歳になると膝が痛い」など若者にはわからない表現もありましたが、そもそもこのネタ自体がジェネレーションギャップで伝わらない事をおじさんがまくしたてるという点に面白みがあるため、ジェネレーションギャップを感じない人には「それは若者には伝わらないだろ〜」と楽しめるし、ジェネレーションギャップを感じ感じる人にも「おじさんが何かわからないことを言ってる」という様に楽しめる秀逸なネタになっておりました。2本目のネタも「猿を捕まえようとして、おじいさんと猿を間違える。そして最後にバナナを食べたくて自分が仕掛けた罠に3回はまる。」という予備知識皆無の幼児でも笑えるネタになっており、まさしく優勝にふさわしいネタになっていたと思います。そう考えると2020年のマジカルラブリーの電車でおしっこも2019年のミルクボーイのコーンフレークも予備知識が必要無いネタでした。

 

 予備知識の必要性の低さとしては、お見送り芸人しんいちの優勝は妥当であると思います。過去のR-1を思い起こすと、うどん芸のほっしゃん。やアキラ100%のお盆芸など予備知識を一切必要としないわかりやすいものもあるし、ザコシショウやじゅんいちダビッドソンのようにその時期に旬であった人物のモノマネも予備知識が客に入った状態でネタができるパターンで優勝することもありました。博多華丸の児玉清のモノマネは、児玉さんが長年アタックチャンスをやり続けた集大成と言えそうです。ディラン・マッケイは海外ドラマを観ない私にはよくわかりませんでした。

 

 2020年代のお笑いとは「普遍的に知られているもので、笑いを生みだす。」事がキーになりそうです。

 

 ただ、R-1優勝者で印象に残っているのが、三浦マイルドと濱田祐太郎です。この2人のすごいところは、三浦マイルドは今まで私が会ったことのないようなダメなおじさんから受けた「ありがたくないアドバイス」を紹介するネタ、濱田祐太郎は「目が見えない人が思ってることで、言われてみると滑稽な事」で、どう考えても一般人が予備知識として持っていない事を題材にしているにも関わらず、ネタ中に簡潔に説明する(または巧みに演じる)事で「客の予備知識が不足してるなら、ネタの中で予備知識を客に注入して、結果として笑いを取る」という超人的な力技を行っている点です。2人が優勝した年は、1本目のネタを観た時点で、この2名の優勝は確信できました。残念なことに、現在この2名をテレビで見かけることがほとんど無いことで、テレビ番組もまた内輪ネタの中で作られているため、面白い番組が中々できないのでしょう。

 

 

Youtuberになりたい

 こんにちは。さつき台動物病院の多田です。2014年に博多華丸大吉がザマンザイで優勝した際に「Youtuberになりたい」というネタを披露していました。しかし、ちょこちょこYoutubeを見ているとYoutuberとして日々の生活の糧を得ていくことは、我々が想像する以上に大変なようです。

 

Youtuberになるための3つ

その1:

特技、特徴、詳しい分野など、例えば「1万人いる中で、コレなら自分は1番になれる」という分野がある。

その2:

できれば毎日1本動画をアップできると良い。週2〜3本はコンスタントに上げる必要がある。

その3:

動画編集に使える時間がある

動画の時間の5倍程の時間が編集に必要なようです。

 

その他にも

・情報を話して伝える能力

・顔出しした方が視聴者が固定されるようなので、顔出しする勇気

・本業との両立

など色々とありそうですが、Youtube動画の収益化にはコツがあるようでそれらを日々勉強し実践する努力や、Youtube収益化のルールが定期的に変更されるようなので、変更に適応するための努力もさらに必要なようです。

 

 しかも、テーマが無いと他の動画との差別化が難しいため、「その1」は必須なのですが、得意分野をテーマに動画を作成するということは、どんなに頑張っても2年ほど(本数でいうと300本ほど)で「ネタ切れ」または視聴者が慣れてきてしまって飽きられたりと、「継続は力なり」というより「力無きものに継続は不可能」状態という過酷な現実が待っているようです。

 

 さらに、この前Youtubeを流しっぱなしにしていたら勝手に流れていた「2018年にとある有名企業の社長が行ったセミナー」で、その社長が自分がいかに社員を大切にして、ブラックといわれる業界内でホワイトな環境を作っているかという話と「◯年後に売上△円!」という目標を掲げていたので、2022年にその会社がどうなったのかを調べてみたら、「会社の売上は創業依頼初めてマイナス&社長は社員にセクハラLINEをして退任」という結果になっておりました。今では黒歴史となったセミナー動画を勝手に流してくるあたりはYoutubeの腹黒さを感じさせます。

 

 子どもがなりたいランキングでYoutuberが1位になったそうですが、

「まず何かの分野で1番にならないと、Youtuberの土俵にも乗れないぞ!」

「喋りが上手くないとなれないぞ!」

「動画編集できないとなれない=スマホばっかり触ってたらパソコン使えないのでダメだぞ!」

「ということはスマホでYoutubeみててもYoutuberには絶対なれないぞ、

 野球中継観てもプロ野球選手になれないだろ!」

「顔と名前を世界中に公開してしゃべるということは、将来とんでもないマイナスになるかもしれないぞ!」

ということを学校の授業でしっかり教えてほしいと思う、今日このごろです。

 

 ちなみに、この分野のYoutubeならネタ切れにならないし、視聴者も離れなそうだ!と思うもの3選です。

①美少女による、新車レビュー(結構あるのですが、とんでもない事やってる人がいます)

②イケメンによる、今晩のおかずを美味しく作る方法(モコズキッチンですね)

③賢そうなおじさんが、歴史上の人物の生涯をハイテンションで解説する(予備校の人気教師的な感じ)

ただ、この3つのジャンルは過当競争になっております。

 

 ちなみに私のお気に入りは「ナスDの大冒険」と「ロシア人がシベリアや北方領土の山を登る動画」です。

自分ができない事を代わりにやってくれる動画が好きです。

 

 「シベリアの荒野を美男子と美少女でハイテンションで旅する。野宿場所での料理風景を丁寧に映して、

  新車と歴史上の人物の話をしながら食べる」という動画を毎日1本上げられれば、Youtuberになれそうです。

錦鯉がハネる

続きを読む

2006年の自分に伝えても絶対に信じない事

 こんにちは。日本シリーズがヤクルト対オリックスというどちらが日本一になってもファンは四半世紀に一度の大フィーバーを楽しめるというとても熱いカードになっております!熱くなるあまり句読点なしの一息でしゃべっていますさつき台動物病院の多田です。

 

 さて、上記だけでなく15年前には信じられなかった異常事態が多発しております。その中でも本日は2006年の自分に伝えても絶対に信じないベスト3を挙げたいと思います。

 

No.1 メジャーでホームラン王争いをしつつ、ピッチャーもやって160km/hオーバーで9勝する選手

   が現れる(日本人)。

 

 かつてDreamsという、主人公がメジャーで二刀流を目指す(目指すだけ)という高校野球漫画がありました。その中で、「メジャーで150km/h投げて、かつホームラン王になる日本人」とかどうとかいう話が出てくるのですが、結末は知りませんがどうやらそれがDreams(単なる夢あくまで夢)だ!みたいな漫画がありました(途中で飽きて最後まで読まなかった)。

 漫画を超える現実が2021年に待ってました!

 

Np.2 SHINJOが日ハムのビッグボスになる

 

 2006年では日ハムSHINJOは日本シリーズを制し日本一を達成し有終の美を飾りましたが、

その後しばらく行方不明になります。

 ビッグボスとは他チームでの監督の事のようです。日ハムはNPBから脱退し、独立リーグを立ち上げたわけではありません。むしろ栃木ゴールデンブレーブスというプロOBチームみたいなのがあります。成瀬の招き猫投法がまだみられます!

 世間はSHINJO監督を友好的に受け入れています。シンジラレナーイ byヒルマン監督

 あと、12球団の監督には野村監督の教えを受けた選手が多数就任しています。ID野球は不滅です。上記の二刀流選手も野村チルドレンの栗山監督が育成しました。

 

No.3 2020年日本シリーズでは和田が先発し、2021年日本シリーズでは青木が二番スタメン

 

 ソフトバンク四天王(投手6冠斉藤、バニッシュボール新垣、後の巨人エース杉内、中根かすみの旦那さん和田)のうちでも、最も印象の薄かった和田毅。メジャーに行き、その後ホークスに復帰し220年日本シリーズでは先発起用されています。ソフトバンク四天王の最強が和田選手であったことに2006年では誰も気づけないでしょう。和田選手がJAL機内誌のインタビューで「自分には野球の才能は無いけど、努力することで才能の不足分を補っている。努力の才能だけには自信がある。」と話していましたが、あなたは野球の才能も甘いマスクも充分すぎるほど持っていました

 ヤクルト期待の若手(2006年当時)の青木宣親選手、その後も活躍しメジャーへ行き、ヤクルトへ復帰し、2021年は日本シリーズでスタメン二番打者です。175cmの身長でメジャーに行ったり、長年プロ野球選手として活躍したり、すごいなぁとしか思えません。私177cmですが、アメリカ人と野球しようなんて思えません。ちなみに今年のヤクルト監督はシンカー高津です!ID野球!まさか高津監督でリーグ優勝!高津監督で日本一!?2006年に2021年ヤクルトリーグ優勝って聞くと、第二次古田政権で念願の日本シリーズだと思うでしょう。残念なことに2006年の君が期待している古田政権は二度と来ない。そして君の大好きな打って守って大活躍のキャッチャーは絶滅します。ピッチャーの先発→完封というのもほぼ無くなります。

 和田青木に今年引退した阪神鳥谷選手を加えると、3人とも同時期に早稲田大学野球部にいたのですが、この頃の早稲田大学野球部ってすごいですね。

 

 神様、ヤクルトスワローズの20年ぶりの日本一を見せて下さい。

 

 以下はDreamsの噂の一コマです。

続きを読む