歯科処置よりも毎日の歯磨きの方が感染症のリスクは高い

こんにちは。

さつき台動物病院 院長の多田です。

梅雨入りしましたね。

ブログの更新がとても滞っておりましたが、

母校の後輩達がやらかしたて大変ななことになっている一方で(前回ブログ参照)、こちら動物病院も3月末から5月末まではとても忙しく大変なことになっていたのです。

 

 そして梅雨に入ると急転直下、時間ができ始めます。この時期ボーっとできるかというと、忙しかった時期にできなかった事、改善すべき課題などに取り組んでいくことになります。診察室のMacが調子悪いので買い替えを検討中です。24時間365日×3年間電源つけっぱなしなので、調子悪くなりますよね。

 

 さて、時間があるときには読書をします。最近はお医者さんがお医者さん向けに書いた本を読むことが多くなりました。勉強のためもありますが、どちらかというとオシャレな女性がファッション雑誌を読むのや筋トレ好きの野郎が筋トレ雑誌を読む感覚に近いと思います。

 

 今は神戸大学大学院教授の岩田健太郎医師が書かれた「抗菌薬の考え方、使い方」を読んでいます。そこにこんな事が書かれていました。

(背景として)

・歯周病(歯石)は細菌の塊である

・歯周病菌による全身感染症で糖尿病や心臓病が引き起こされる

(本に書いてある内容)

・上記を予防するため歯科治療の際に抗生物質の処方が推奨されていたが、最近は推奨されなくなっている

・その理由は、、、普段の歯磨きでも感染症は起きていたから!(某5歳児風に)

・むしろリスクは 

 たまに行う歯科処置<毎日の歯磨き

 なのだそうです。

・歯磨きで心臓病にならないんだから、歯科処置の時に抗生物質いらない

 

しかし、

 

・実際に抗生物質を使わないで歯科処置を行ったら心臓病が増えた。

・そのため、歯科処置の前には抗生物質を使うようガイドラインに入れた。

 

一見、

・毎日の歯磨きの方がリスクが高い

・毎日抗生物質を飲まなくてもみんな元気

なら

・歯科処置にも抗生物質いらない

のように思えますがそうでは無いんですね。

 

ここが医学が3歩進んで2歩下がるという様な進歩の仕方しかできない理由なのです。

生命は神秘(謎)に包まれているのです。

 

さて、この事実に説明をつけようと思うと

抗生物質以外の細菌に対する要因が考えられます。つまり自分自身の免疫です。

要するに

・歯磨き中は体の免疫が増進している

・歯科処置中は免疫が落ちる

などが考えられます。

確かに歯医者さんという恐怖の空間では免疫力が落ちてもおかしくないような気がします。

一方で「歯周病菌を殺してやる!」という気持ちで歯磨きをすると良いのかもしれません。

「病は気から(という側面も捨てきれない)」のかもしれません。


母校の後輩よ、、、

こんにちは

川崎市麻生区 さつき台動物病院

院長の多田です。

 

 昨日3月13日は、獣医師国家試験の結果発表でした。私の母校の合格率が大変なことになっております。母校の名誉のために言わせてもらうと昨年は全国トップの合格率(100%)でした。昨年の全員合格した先輩方をみて今年の学生さん達は安心して勉強しなかったのでしょう。

 

 獣医学部は6年通わなくてはなりません。大学受験で難関をくぐり抜けて入学し、6年間通っても最後に国家試験に受からなければ、なんのために大学入ったのかわかりません。来年は頑張って全員合格してもらいたいものです。

 

 数々の試験を受けてきましたが、獣医師国家試験がダントツで「もう二度と受けたくない試験」です。決して難しいわけではありません。とにかく精神的に辛いのです。国家試験の勉強期間はわずか2か月足らずですが、人生の辛かったエピソードが満載です。しかも、試験が終わったから解放されるかというとそうではなくて今度は試験~結果発表までの約2週間、「国家試験に落ちていたらお終いだ」と感じながら生活しなくてはなりません。

 

 そして、めでたく合格しても4月から動物病院に勤務して先輩獣医師にしごかれる、そんな別の試練が待ち受けていて、どちらに転んでもハッピーエンドは待っていないのでした、、、。

 

※左の写真はクリックすると拡大します。


インフルエンザの流行

 

 

 

こんにちは。

さつき台動物病院 院長の多田です。

みなさんはインフルエンザのワクチン打たれているでしょうか。

私はワクチン不足のあおりを受けて、今年は打てませんでした。

ワクチンの長所・短所、そして必要性ってわかりにくいですよね。

そこでインフルエンザワクチンを例に、調べてみました。

 

インフルエンザワクチンを接種することによって

①インフルエンザにかかる確率が4割減る

②インフルエンザにかかった際に肺炎などの合併症にかかる確率が減る。

 

②はなんとなく理解していましたが、①の4割はなんとなく低い気がしますね。

しかし、インフルエンザの患者さんが4割減ると感染が伝播する速度(すなわち感染者数も)がかなり遅くなります。試算してみます。

まず、インフルエンザウイルスが感染力を持っている時期は限られています(12〜2月)。12月〜2月の90日間に、感染者1人が10日間で10人に感染させるとすると

90日で9サイクル伝播するので10の9乗で1億人が1シーズンにインフルエンザにかかります。ところが全員がワクチン接種をすると、感染する確率が4割減るので6の9乗で100万人ちょっとになります。1億/100万で100分の1になりますね。個人で考えれば4割しか感染確率を下げられなくても、日本全体&12月〜2月でと考えると、全員でワクチン接種をすると感染者数は99%減らすことができます。今回は試算の前提となる数値が適当なので正確ではありませんが、私達が集団の中で生活していて、その中でウイルスが伝染していることを考えると、ワクチン接種は確実にインフルエンザにかかる確率を4割以上減らします(今回の試算は99%)。

 

こういった学問を疫学というのですが、私達は集団のなかで生活しているので疫学を無視して治療の効果を判定することは(特に感染症の場合)あまり意味がありません。インフルエンザワクチンの効果がきちんと浸透しないのは、こういった疫学的な事をしっかりと説明できない医師が多いのかもしれません。

 

 


続きを読む

さようなら2018

みなさんこんばんは。2018年も終わろうとしています。

さつき台動物病院 院長の多田です。

 

今年1年の総括です。

病院も3年目に突入し、多くの患者様にご利用いただくようになりました。

病院が地域の方々に必要とされているということを実感できるようになりました。

開院当初は自分のやりたいようにやるのか、

どうしたら良いのかもわからずに、霧の中をさまようように

診療を行っていましたが、今は患者さん目線で利用しやすい・利用したくなる病院にする、スタッフ目線で勤務し続けたいと思う職場にする、

この2つが一番重要な目標なのではないかと思うようになりました。

利用しにくい、勤務し続けたいと思わない病院になれば自然と無くなるのだろうな、と思います。

 

一方で、新しい試みとして補助金申請を行ってみました。

一番の繁忙期である4月に、診療をしながら申請書を作り、

銀行等々の担当者の方々に添削していただき、

なんとか提出できました。

ビギナーズラックで採択され、無事に最新型麻酔モニターを購入しました(左の写真)。

以前より麻酔管理がより緻密に行えるようになり、麻酔を細かく調節するのを(知的興味があると言う意味で)楽しみながら行えるようになりました。

子供が新しいおもちゃを買ってもらった感覚に似ていますね(おもちゃにしてはかなり高価ですが)。

仕事を楽しめるという点では、新しい機器の導入はやる気がおきます。

それに対して、故障で入れ替えはお金がかかるだけで喜びは一切ありません。

 

2019年も、刻々と変わる時代に合わせて利用しやすい病院にできるように考えていきたいと思います。

それでは2019年もよろしくお願いいたします。


道路が、、、

こんばんは さつき台動物病院の院長 多田です。

 

 今日のお昼に花壇の自動水やりシステムを構築していたところ、

ふと振り返るとつい5分前まで車が通っていなかった道路を車が

走っていました。

アオリ運転や高速道路逆走などが問題となる昨今、ついに未完成の道路を爆走する車が平和な麻生区にも出現したか、、、と思った矢先。

バンバン車が来るではないですか。

どうやらついに車線が変更されたようです。

麻生区はやはり平和です。安心しました。

しかし、新百合ヶ丘方面からはどうやって病院に入るのでしょう?

工事のおじさんに聞いてみたところ、そのおじさんは非常に怖いおじさんAでして、「おい、ちょっと説明しろ!」と別のおじさんBを呼びつけ、気の弱そうな真っ黒に日焼けしたおじさんBが説明してくれました

どうやら「自転車のあさひ」の目の前でUターンして入るようにとのことです。

おじさんBは丁寧でとても優しいおじさんでした。

おじさんには怖いおじさんと優しいおじさんがいて、

私は優しいおじさんが好きだ(変な意味ではなく)ということを

再確認した1日でした。

そして私もいつかおじさんになるのであれば、優しいおじさんになりたいと思った一日でもありました。

 

 

さて、ここから先はこの話に出てくた第三のおじさんCの話です。

おじさんCはおじさんBの話を聞きながらこう思いました。

「もうちょっと三角コーンの置き方を工夫すれば、病院に入りやすくなるのではないだろうか」

「Uターンしようとしたら、後続車が詰まるのではないか」

「そもそももっと工事が進んでから開通すべきではないのか」

「Uターンが必要な旨を看板にすべきではないのか」

「事前に知らされていた工事計画とは若干異なるではないか」

おじさんCは理屈っぽく、非合理的であることを非常に嫌う性格でした。

すべての点と点が繋がり線にならなくては気が済まないそんなおじさんCです。

しかし、そんなおじさんCの頭の中に浮かんだ様々な疑問は、おじさんBの優しそうな笑顔によって全て吹き飛んでしまったのでした。

おじさんCはその後、自動水やりシステムの試運転で水圧を上げすぎてホースが弾け、びしょ濡れになりながら動物病院の中へと戻って行ったのでした。