インフルエンザの流行

 

 

 

こんにちは。

さつき台動物病院 院長の多田です。

みなさんはインフルエンザのワクチン打たれているでしょうか。

私はワクチン不足のあおりを受けて、今年は打てませんでした。

ワクチンの長所・短所、そして必要性ってわかりにくいですよね。

そこでインフルエンザワクチンを例に、調べてみました。

 

インフルエンザワクチンを接種することによって

①インフルエンザにかかる確率が4割減る

②インフルエンザにかかった際に肺炎などの合併症にかかる確率が減る。

 

②はなんとなく理解していましたが、①の4割はなんとなく低い気がしますね。

しかし、インフルエンザの患者さんが4割減ると感染が伝播する速度(すなわち感染者数も)がかなり遅くなります。試算してみます。

まず、インフルエンザウイルスが感染力を持っている時期は限られています(12〜2月)。12月〜2月の90日間に、感染者1人が10日間で10人に感染させるとすると

90日で9サイクル伝播するので10の9乗で1億人が1シーズンにインフルエンザにかかります。ところが全員がワクチン接種をすると、感染する確率が4割減るので6の9乗で100万人ちょっとになります。1億/100万で100分の1になりますね。個人で考えれば4割しか感染確率を下げられなくても、日本全体&12月〜2月でと考えると、全員でワクチン接種をすると感染者数は99%減らすことができます。今回は試算の前提となる数値が適当なので正確ではありませんが、私達が集団の中で生活していて、その中でウイルスが伝染していることを考えると、ワクチン接種は確実にインフルエンザにかかる確率を4割以上減らします(今回の試算は99%)。

 

こういった学問を疫学というのですが、私達は集団のなかで生活しているので疫学を無視して治療の効果を判定することは(特に感染症の場合)あまり意味がありません。インフルエンザワクチンの効果がきちんと浸透しないのは、こういった疫学的な事をしっかりと説明できない医師が多いのかもしれません。

 

 


続きを読む

さようなら2018

みなさんこんばんは。2018年も終わろうとしています。

さつき台動物病院 院長の多田です。

 

今年1年の総括です。

病院も3年目に突入し、多くの患者様にご利用いただくようになりました。

病院が地域の方々に必要とされているということを実感できるようになりました。

開院当初は自分のやりたいようにやるのか、

どうしたら良いのかもわからずに、霧の中をさまようように

診療を行っていましたが、今は患者さん目線で利用しやすい・利用したくなる病院にする、スタッフ目線で勤務し続けたいと思う職場にする、

この2つが一番重要な目標なのではないかと思うようになりました。

利用しにくい、勤務し続けたいと思わない病院になれば自然と無くなるのだろうな、と思います。

 

一方で、新しい試みとして補助金申請を行ってみました。

一番の繁忙期である4月に、診療をしながら申請書を作り、

銀行等々の担当者の方々に添削していただき、

なんとか提出できました。

ビギナーズラックで採択され、無事に最新型麻酔モニターを購入しました(左の写真)。

以前より麻酔管理がより緻密に行えるようになり、麻酔を細かく調節するのを(知的興味があると言う意味で)楽しみながら行えるようになりました。

子供が新しいおもちゃを買ってもらった感覚に似ていますね(おもちゃにしてはかなり高価ですが)。

仕事を楽しめるという点では、新しい機器の導入はやる気がおきます。

それに対して、故障で入れ替えはお金がかかるだけで喜びは一切ありません。

 

2019年も、刻々と変わる時代に合わせて利用しやすい病院にできるように考えていきたいと思います。

それでは2019年もよろしくお願いいたします。


道路が、、、

こんばんは さつき台動物病院の院長 多田です。

 

 今日のお昼に花壇の自動水やりシステムを構築していたところ、

ふと振り返るとつい5分前まで車が通っていなかった道路を車が

走っていました。

アオリ運転や高速道路逆走などが問題となる昨今、ついに未完成の道路を爆走する車が平和な麻生区にも出現したか、、、と思った矢先。

バンバン車が来るではないですか。

どうやらついに車線が変更されたようです。

麻生区はやはり平和です。安心しました。

しかし、新百合ヶ丘方面からはどうやって病院に入るのでしょう?

工事のおじさんに聞いてみたところ、そのおじさんは非常に怖いおじさんAでして、「おい、ちょっと説明しろ!」と別のおじさんBを呼びつけ、気の弱そうな真っ黒に日焼けしたおじさんBが説明してくれました

どうやら「自転車のあさひ」の目の前でUターンして入るようにとのことです。

おじさんBは丁寧でとても優しいおじさんでした。

おじさんには怖いおじさんと優しいおじさんがいて、

私は優しいおじさんが好きだ(変な意味ではなく)ということを

再確認した1日でした。

そして私もいつかおじさんになるのであれば、優しいおじさんになりたいと思った一日でもありました。

 

 

さて、ここから先はこの話に出てくた第三のおじさんCの話です。

おじさんCはおじさんBの話を聞きながらこう思いました。

「もうちょっと三角コーンの置き方を工夫すれば、病院に入りやすくなるのではないだろうか」

「Uターンしようとしたら、後続車が詰まるのではないか」

「そもそももっと工事が進んでから開通すべきではないのか」

「Uターンが必要な旨を看板にすべきではないのか」

「事前に知らされていた工事計画とは若干異なるではないか」

おじさんCは理屈っぽく、非合理的であることを非常に嫌う性格でした。

すべての点と点が繋がり線にならなくては気が済まないそんなおじさんCです。

しかし、そんなおじさんCの頭の中に浮かんだ様々な疑問は、おじさんBの優しそうな笑顔によって全て吹き飛んでしまったのでした。

おじさんCはその後、自動水やりシステムの試運転で水圧を上げすぎてホースが弾け、びしょ濡れになりながら動物病院の中へと戻って行ったのでした。


本日知った驚きの事実

こんにちは。

さつき台動物病院 院長の多田です。

最近、驚くべきことがいくつかありました。

 

・予防シーズンである4月、予想以上に多くの患者さんに

 来ていただきました。

 おまたせしてしまった方には、お詫び申し上げます。

 来年はもっと待ち時間を短くできるよう、改善いたします。

 待ち時間は短くなっても、診察は丁寧に行います。

 

・入り口のオリーブの木が花を咲かせた。

 

・診察室パソコンの画面に写している海別岳の近くに、

 モンベルの直営店ができた(誰が買い物に行くのだろう、、、)

 

・そして、驚いたことNO.1は、、、、

 川崎市についてでした。

 時間のある方は下のリンクを見てみてください。

 ・川崎市の人口

 ・都道府県人口ランキング

 川崎市の人口は約150万人だそうです。

 これを都道府県人口ランキングにねじ込むと、、、

 なんと25位!!沖縄県より多いんですね。

 ということは、、、

 ・川崎市の税収

 ・都道府県税収ランキング

 川崎市の税収3500億円は、都道府県ランキングにすると

 11位、、、!!!きっと大きな会社からの税収が多いんですね。

 さらに今日は時間があるので世界ランキングにあてはめると、 

 ・世界の国家予算ランキング

 3500億=3180百万ドル(1ドル=110円として)なので

 ということは226カ国中124位!

 話題の北朝鮮と同じ規模であることがわかりました!

 何かと治安の悪い、ドヤ街のイメージを持たれがちですが、

 すごいぞ川崎!


風が強すぎる、、、

こんにちは。

さつき台動物病院 院長の多田です。

3月は暖かかったですね。

そのせいで、マダニの活動が例年よりも早いようです。

 

さて、花壇に植えた菜の花がグングン成長して開花したのは良かった

のですが、、、、

例年春に当院周辺を吹き荒れる強風により、倒れてしまいました。

あぁ、悲しい。

強風対応の花壇にしないとだめなんですね。

強風に耐える植物って、なんでしょうか?

 

一方で、当院は4月4日にひっそり開院2週年を迎えました。

病院の方も強風を受け続けましたし、現在も受けていますが、

こちらは倒れずに済んだようです。

動物病院業界ではずっと昔から、

『2年耐えることができれば、その動物病院は潰れない』

と言われてきました。

2年経過して、この言葉の真偽を検証すると、、、

「そんなことないな、、、、。」

と思います。

病院に吹き付ける強風は続きそうです、、、。

 


フードの通信販売はこちらから!!

トリミングへのリンク

 「選択」よりご登録後にご利用ください。

クレジットカード・代引き決済が可能です。

2000円以上の購入で、

送料無料となります(本州のみ)。

info@satsuki-amc.com

お問い合わせ

 お問い合わせの際は、以下のボタンより

ページに移動し、フォームよりご連絡ください。

問合せページへのリンク
友だち追加数